ホーム > ブログ > 冷えは万病のもと

冷えは万病のもと

明けましておめでとうございます🎍

お正月休みも終わり、
今日から仕事始めだった
という方も多いのではないでしょうか。

昨日は、暦の上では「小寒」。
小寒とは、小さい寒さという文字の通り寒の入りを意味し、
この日から2月はじめの立春までを、
一年で最も寒い時期としています。
樹木の葉は落ちて、虫は土の中にかくれて冬ごもり…。
自然の摂理として、冬は動植物が活動を停止して、じっと耐えて春を待つとき。
ヒトのカラダも
手がかじかんで動きにくくなったり、
無意識にカラダを丸めたりと、
動きを止めてしまいますね。

「冷えは万病の元」といわれるように、
東洋医学では冷えはカラダの大敵。
冷え=寒邪がカラダに入ると
強い寒気、頭痛、首肩のコリや痛み、関節痛、筋肉痛、腹痛や下痢などが起こります。
これらの症状は、寒さによって気血水が滞り、
瘀血を生じさせ、
ホルモンバランスや老化をつかさどる
「腎」の働きが弱くなるというのが、
東洋医学の考え方です。

たしかに、体温が1度下がると、
免疫力が37%低下し、
基礎代謝量は12%低下、
体内酵素の働きは半分まで落ちてしまうことが、
科学的にも証明されています。

そんな季節に合わせて、
サロン・ド・プシュケでは、
中医学だけでなく、
アーユルヴェーダや
エドガー・ケイシーなどの自然療法の考え方も取り入れた、
冷え改善のための新メニューを始めました。

元々は、リウマチなどの自己免疫性疾患のお客様の
おカラダの痛みを和らげるために考案したメニューでしたが、
痩身(特にウエスト)や美容、
また冷え性の改善にもお客様満足度が高かったために、
いつのまにか隠れ人気メニューに!

今回は、多くの方に
温めたオイルでの マッサージと
温熱パックがもたらす
至福の時間を味わっていただく為に、
カウンセリング込みで、
120分 10000円の
新メニューを作りました。

お問合せ、

お問い合わせ

ご予約は

ご予約について

上記からどうぞ!