ホーム > ブログ > 春は風の季節

春は風の季節

先週は、
強い風が吹き荒れる日が多かったせいで
中医学でいうところの風の影響(風邪)を
受けている人が多いようです。

春になると日差しが強くなり、
地面が温められ、空気が上昇します。
すると大気中には風が発生し
いわゆる「荒れた天気」に
なりやすくなります🌀🍃

中医学では、それと連動して
私たちの体内でも陽の気が上昇して
風が起こり(内風)
カラダの表面に
トラブルを起こすと考えます。

この季節に見られるカラダの不調は、
発熱、ノドの痛み、咳、頭痛
目のかゆみ、鼻水、ヒフのかゆみ
などが特徴です。
花粉症の症状と合致するものも多いですが、花粉症ではなくても、
この季節、思いあたる症状の方は
結構多いのではないでしょうか?

花粉症に効く食べものとしては、
レンコン、わさび、シソ、玉ねぎ
そしてヨーグルトなどが知られていますが、

中医学的には、それに加えて
風の害である風邪(ふうじゃ)を
発散させるという考え方から、
ネギ、ミョウガなどの辛味のある春野菜や
三つ葉、せり、春菊、ミントなどの香草を
積極的に取ることを勧めています。

最近は、食べもので季節を感じることが
少なくなってきましたが、
どれも爽やかな春の味覚ばかりで、
これなら鬱陶しい症状を
吹き飛ばしてくれそうです。

そんな昔の知恵も取り入れながら、
この季節を少しでも快適に
過ごしていただけたらと思います😊✨