ホーム > ブログ > 都心のリゾート洗足池

都心のリゾート洗足池

当サロンから徒歩5~6分の洗足池公園は、

あまり知られていませんが

平安時代から、

この辺り一帯を護る鎮守の森で、

洗足池は、多くの伝説を有する

いわゆるパワースポットでした。

勝海舟なども、この地を愛し

別荘を建て、

後に、ここを終の住処としました。

そして、今も池の畔のお墓で

奥様と共に安らかに眠っています。

image

池の周囲には現在も

神社や、由緒ある建物が点在していますが…

実は、このサロンのある土地も、

昔はイギリス領事館だったそうです。

(隣家には、まだ当時の建物の一部が残っています)

そしてその後、

ビルマ(今のミャンマー)大使館になり、

終戦直後には一時、米軍将校の別荘として

週末のパーティー等に使われていたとか…。

つまりここは昔、都心に住む人の

ごくごく近場のリゾート地

だったのかもしれませんね。

サロンを始めようと決めた時に

自由が丘で長く不動産業に携わる友人に

場所選びの相談をしました。

すると彼女は即答で

「ここでやったら?」

と言いました。

「私も長く不動産に関わってきたけれど、

この土地には、

怖いところや、暗いところが一切ないの。

それって、すごく貴重なことよ。

昔のイギリス領事館が、

わざわざここに建ったのも、

昔ここが、

何か特別な場所だったからじゃないかしら。

この土地には、

良いパワーが宿っているのよ。

それは、きっとここに癒されに来る人達にも

役立ってくれると思うわ」

その言葉は、あくまで彼女の想像で、

ここが昔、

本当に特別な場所だったかどうかは

今となっては、確かめようもありません。

けれども、それを聞いてから

サロンで施術をする度に、 心の中で

「いつも助けてくださってありがとうございます」と

土地に感謝をするようになりました。

土地にも自然にも、

何にでも神様が宿るという

日本古来の信仰観は、

今も私たちの生活の中に残っています。

一神教の国の人たちには、

ちょっと不思議な感覚かもしれませんが、

何に対しても感謝し、大事に思う気持ちは、

きっと、そこにプラスのエネルギーを

もたらすのは、間違いないと思います。

そんな洗足池と、当サロンに

是非一度、足を運んでみてください。